ソファ選びがわかるサイト > ソファ購入・購入後の注意点 > ソファ利用中のメンテナンス

ソファ利用中のメンテナンス

ソファ利用中のメンテナンス

ソファ利用中のメンテナンス

ソファ購入・購入後の注意点。六つ目は「ソファ利用中のメンテナンス」です。

  • 本革ソファの場合:皮ソファは定期的なワックスがけをすることで革のひび割れを防いだり、汚れを取ることができます。ソファを購入した際に付属のワックスがあればそれを使えば安心ですが、市販のワックスを別途購入する場合には変色の可能性がないか、裏面などの目立たない面に塗って1週間程度置いてみて問題がないか確認しましょう。
  • 人工レザーのソファの場合:ソフトレザー・ビニールレザーなどのソファカバーリングは手入れの必要がほとんどない商品が多いですが、何か汚れがついた際にさっと拭けば概ね問題ないです。汚れがひどかったりうっすら全体が汚れて気になる場合には人工レザー用のクリーナーなども市販されていますので試してみましょう。人工レザーであってもクリーナーとの相性では変色の可能性がありますので、裏面などの目立たない面に塗って1週間程度置いてみて問題がないか確認しましょう。
  • 布のソファの場合:まず事前の汚れ防止として、傘や衣類に使用する防水スプレーを塗布しましょう。これも裏面などの目立たない面に塗って1週間程度置いてみて問題がないか確認しましょう。また、フルカバーリングのソファでカバーなら完全に外して、フルカバーリングでなくてもクッションのカバーだけでも外して、クッションが取れる場合はクッションだけでも外して、部屋を換気するだけでも内部の湿度が放出されて長持ちします。