ソファ選びがわかるサイト[ソファnavi] > ソファと家具の相性 > 椅子とソファ

椅子とソファの相性をインテリアコーディネーターの視点からご案内します。

椅子とソファ

椅子とソファ

ソファと家具の相性を考える。第四弾はソファと椅子の相性です。ソファと椅子(特にダイニングチェア)はリビングゾーンとダイニングゾーンという別のゾーンにありつつも、リビングダイニングという一つの空間に置かれるものです。また、ソファも椅子も張地を張るものが多いので、張地のカラーを意識したインテリアコーディネーションを検討しながらソファを選ぶとよいでしょう。

基本的なインテリアコーディネーションの方法としてはソファと椅子の色合い・素材ともに合わせること。明るめの椅子の張地であればソファも明るめの同系色に。椅子がレザー張りであればソファもレザーにすると間違いのないインテリアコーディネートになります。ちなみにソファと椅子は多少距離がありますし、椅子の座面にしか張地がないような場合はあまり目立つこともないので、近い生地であれば十分で完全に同じ生地する必要はありません。

 

一歩進んで考えるとソファ・椅子とともにラグ・カーテンも含めたインテリアコーディネートができるとそれぞれのアイテムの色の割合などを考えてあえてソファと椅子を違う生地にすることでより表情のある・センスのある部屋のコーディネーションになるでしょう。

特に今使っている椅子をそのまま使う場合や、先に椅子だけ決定している場合は椅子の生地を小さく切ってインテリアショップに持って行けば色のバランスを検討しやすくなるでしょう。