ソファ選びがわかるサイト[ソファnavi] > ソファの選び方 > ソファを置く部屋の動線チェック

リビングとダイニングを分ける動線

リビングとダイニングを分ける動線

リビングとダイニングを分ける動線

ソファのレイアウトの2つ目のパターンはソファスペースとダイニングスペースをそれぞれ独立した別空間として使うレイアウトです。ソファで部屋の幅を塞いで動線をある程度絞り込み、ソファスペースを独立したくつろぎの空間として使うことができます。食事はダイニング側でしっかりとって、ソファスペースではくつろぐ、といった、活動にあわせたメリハリを利かせやすいレイアウトです。

また、インテリアコーディネートの上でもソファスペースとダイニングスペースで異なるテイスト感、異なるカラーコーディネートを楽しんでもそれぞれが別の空間として成立するので一部屋で2種類のインテリアコーディネートが楽しみやすいレイアウトと言えるでしょう。