ソファ選びがわかるサイト[ソファnavi] > ソファの選び方 > ソファを置く部屋の動線チェック

ソファの選び方の4つ目のステップ:ソファを置く部屋の動線チェック

ソファのある部屋のイメージ決定

ソファを置く部屋の動線チェック

ソファの選び方の4つ目のステップは「ソファを置く部屋の動線チェック」です。
3番目のステップで大まかなソファのスタイルが決まったら、間取図を見ながら配置を考えます。人が通るところを動線といいますが、部屋の廊下からソファまでの行き来をする動線、ソファからダイニングへ移動する動線、その他の活動をするために十分なスペースがあるか(ゲームをするためにソファとテレビの間に広めの空間が必要、洗濯物を干すためにどこを通るかなど)といったことを確認してどの向きにソファを配置するかを考えます。
特にソファ検討時にポイントになるのはテレビとの位置関係です。テレビメーカー曰くテレビと人の距離は『テレビの高さ×3』と考えられているようですが、一般にはその距離ではテレビが近すぎると感じることも。またテレビのアンテナジャックの位置もソファのレイアウト上の制約条件になるかもしれません。テレビをどこに置くか、ということを考慮しつつソファのレイアウトも決めていきましょう。
動線を考えたリビングダイニングのレイアウトについて一般的な二つのレイアウトを見ながら実際の生活をイメージしながら動線のチェックをしてみましょう。